<   2017年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京銘菓 栗饅頭

d0339705_11324827.jpg


東京銘菓の栗饅頭。

栗がまるごと一つ。

餡は優しい白あんで、薄皮の饅頭がなんとも美味しい。

名代 小倉 最中は、小豆がぎっしりまた違う美味しさ。

全部セットで贅沢なギフトです。

メレンゲクッキー

d0339705_11224620.jpg
余った卵白で、メレンゲクッキー作り。
それも、子供たちとチョコレートがけ。
スプリンクルがけ。
この、仕上げがまた楽しい。

そして、プティギフトになるからまた嬉しい。
お隣のおばあちゃんの家に、ラッピングしてお届け。
みんなで、美味しい美味しいと食べられること、本当に幸せです。

ボナペティ!


プティカップケーキのレッスン

d0339705_10423517.jpg

大きなカップケーキはお腹いっぱいでも、プティサイズならペロリと食べられてしまうから不思議。
それも、2個、3個と。
そうこうしているうちに、大きなサイズのカップケーキと同じではないか!と気づいたりするものです(笑)

プティカップケーキになると、またそれにふさわしいデザインが様々生まれます。
8月31日は、プティカップケーキを中心にしたレッスンを開催。

プティギフトにも喜ばれる、プティカップケーキ。

●8月31日 10:00-12:00
●プティカップケーキレッスン
●お申し込み&詳細:https://www.mylittledays.info/sachi-cakes/

ぜひおためしあれ!

d0339705_10542001.jpg



誠をいただく、うその餅

d0339705_13362988.jpg


太宰府天満宮の有名な『うそかえ』神事。

大名物 うその餅も有名です。

可愛い小鳥 うそが覗く菓子。

うそをかえて、天神様のまことをいただく。

伝統的な銘菓は、いつでも嬉しいものです。

メルヘンチックなお味、チロリアン

d0339705_13260353.jpg


幼い頃から親しんだ味。

『チロリアン』

チロルに住むバコバール族に伝えられた伝統菓子を、近代にアレンジ。

パッケージも変わらず、どことなくメルヘンチックで懐かしい。

可愛い上に、コストパフォーマンスもよく、プチギフトにぴったりです。

濃縮トマトのギフト

d0339705_16202487.jpg


濃縮トマト アメーラ。

夏は、トマトが食卓で一役買ってくれます。

我が家では、湯むきしてそのまま出汁につけて。

d0339705_16202516.jpg


いただいたり。

もちろん、そのままも美味。

夏のギフトに、ぎっしりアメーラ。

チョコレートの国、ベルギーのお土産

d0339705_15093787.jpg


ベルギー MARYのチョコレート。

下の段、上の段とぎっしりチョコレートが詰まって。

それも、さまざまなお味で。

フランボワーズん感じたり、キャラメルを感じたり。

まだまだたくさん。

ギフトボックスも印象的で、誰からも喜ばれること間違いなし。

ボナペティ!

ベルギーの子供のお菓子はキッチュに!?

d0339705_15104556.jpg
ベルギーのお土産。
子供達にと、いただきました。
なんだか、イラストがキッチュなクッキー。
こういうイラスト、私は大好きです。
いろんなお味のクッキー。

ベルギーでは普通なのでしょうが、
こちらでみるとパッケージも可愛くて新鮮。
子供達の胃袋へと、あっという間になくなりました。
ボナペティ!

美味しいキャラメルの世界

d0339705_15071595.jpg
プティギフトにいただいた、NUMBER SUGARのキャラメル。
No.1から8まで、8種類の美味しさを楽しめる、
キャラメルの世界。
中でも、No.5のラズベリーは一押し。
パッケージも可愛く、お味も美味。
プティギフトに。
ボナペティ!


太田さちかブログ


by sachica-ota