カテゴリ:未分類( 94 )

明治8年創業の開化堂

d0339705_22474404.jpg


明治8年創業の開化堂。

緻密で光沢を帯びた茶筒。

光るのに、どこかマイルドで控えめな美しさが大切に使いたいなあという気持ちにさせてくれます。

人の手や空気に触れて、時間とともに色合い風合いも変化するのです。

日本の伝統工芸。

職人の仕事は、今のみならず、その先のことも捉えているようです。

だからこそ、ますます向かい合いたくなる、何か魅力を秘めているのかもしれません。

d0339705_22474470.jpg


この光の筋。

偶然なのか必然なのか。

全て計算された上で、経験と技によって導き出される究極の美しさなのでしょう。

モノを通じて作り手を知り、お茶を愉しみ、哲学を知る。

語りかけ、語られかけ。

そんな日本の茶筒です。

ビオンヌ ポップアップショップへアロンジー!

d0339705_22214069.jpg


ソラーチェ代官山のビオンヌ、ポップアップショップ展開中です!行ってきました!

スタイリング、モデルを務めさせていただきましたが、それ以前から愛用中のブランド。

走り回る毎日でも、足の疲れやむくみがスッと消えてくれる必需品。

まだまだ開催中。

是非是非アロンジーです❣️

場所:『西武池袋本店』8階 スポーツフロア特設会場
期間:9月13日(水)~9月26日(火)

d0339705_22214134.jpg


ナチュラル志向にオススメの、オーガニック豆乳

d0339705_08153667.jpg
毎朝、欠かさずに飲んでいる豆乳。

卵料理や sachi & cakes のスイーツにも、普段から豆乳を組み合わせています。

頻繁に我が家の朝食に登場する、卵焼きやオムレツ。

シンプルな卵料理だからこそ、ミルクと合わせるよりも
豆乳をセレクトすることで刺激が少なくて、素材の優しさと懐かしさが出てきます。

古くから、日本人は豆とくに大豆との関係が深くあります。
おせち料理や節分、祭事でも豆がよく登場しますよね。

そんな馴染みの大豆を厳選して、有機大豆のみを使用し大豆固形分10%の飲みやすさを追求した
「タニタカフェ(R)監修 オーガニック無調整豆乳」が、マルサンアイから登場しています。

有機大豆、オーガニックシュガー、フランス産ロレーヌ岩塩の3種類を使用した
「タニタカフェ(R)監修 オーガニック調製豆乳」も飲みやすく、我が家の子供達はグビグビっと。

d0339705_08181148.jpg
この製品が、タニタ食堂で味わえるということで早速行ってきました。

d0339705_08182945.jpg
「オーガニック豆乳と山芋のホワイトソース風タコスグラタンー豆乳スムージー付きー」

このボリュームで、なんと塩分が1.18g。
野菜量は195gです。

オーガニック豆乳とブルーベリーを使用した自家製のスムージーからスタートすると、
口の中がすっきり爽やかに、料理が一段と美味しくいただけます。

子供のみならず、大人も楽しそうでしょう。

d0339705_08191476.jpg
d0339705_08193701.jpg
シンプルな豆乳に優しい甘さ。

これだけでもう充分。

是非是非、皆さんもアロンジー!

ボナペティ!

d0339705_08195130.jpg
公式instagram
https://www.instagram.com/marusan_tcafe/

公式Facebook
https://www.marusanai.co.jp/t-cafe/




話題の『ビオンヌ』『ソイリーン』ポップアップショップ登場

d0339705_13595437.jpg


多くの著名人や雑誌、SNSなどで話題の『Bion-nu』ビオンヌと植物性プロティン 『SOYLEAN』ソイリーンが、『西武池袋本店』のポップアップショップに初登場!

モデルとして、私も出演させていただいています。

愛用している、『Bion-nu』ビオンヌは、遠赤外線の力で身体の内側から温めてくれるの優秀アイテム。

飛行機や新幹線の長期移動はもちろん、日頃の疲れが溜まったときの脚の怠さがすっと消えてくれるレスキューアイテムです。

飛行機を降りても脚がむくまずに、すらっと引き締まった感覚を体感できて、最後は『飛行機移動で脚むくまないんですか?』って周囲に驚かれたほど。

毎週のランニング後に飲んでいる『SOYLEAN』ソイリーンは、良質なたんぱく質を手軽に補給、カロリー・糖質はほぼゼロ。

豆乳に合わせたり、プロテインが苦手な方は、ナッツバーやグラノーラにしてしまうのが私のオススメ。

是非是非、アロンジー!
場所:『西武池袋本店』8階 スポーツフロア特設会場
期間:9月13日(水)~9月26日(火)

磁器を持ち出す、という発想

d0339705_23334180.jpg


テーブルの上に、磁器を並べていただく。

もちろん王道ですが、今や、椅子に座ってお茶を立てたり、海外ではお茶に砂糖を入れてる時代。

良い悪いという見方ではなく、そうやって進化して親しまれているならば、良いように思います。

そう考えると、磁器を、公園の芝生や庭のベンチに持ち出すのも悪くない。

大好きなパウンドケーキ、フルーツ、コンフィチュールを磁器にささっと盛って、出かけましょ。

なんだか楽しいティータイムの始まり。

いつもと違う視点、場所、時間が始まります。

身体の冷えに、遠赤外線効果のビヨンヌ

d0339705_08101302.jpg


すっかり秋らしくなりました。

涼しい風が、冷んやりと素肌に当たります。

足先、腕と、心臓から遠い部分が冷えやすいこの季節。

d0339705_08101347.jpg


着るだけで内側からポカポカと温めてくれる、ビヨンヌに助けられます。

そして、モデルを務めるビヨンヌの撮影もこの間終わりました。

秋冬に向けて、新しいさと温かさを届けられるよう。

出来上がりを、お楽しみに!

東京銘菓 栗饅頭

d0339705_11324827.jpg


東京銘菓の栗饅頭。

栗がまるごと一つ。

餡は優しい白あんで、薄皮の饅頭がなんとも美味しい。

名代 小倉 最中は、小豆がぎっしりまた違う美味しさ。

全部セットで贅沢なギフトです。

誠をいただく、うその餅

d0339705_13362988.jpg


太宰府天満宮の有名な『うそかえ』神事。

大名物 うその餅も有名です。

可愛い小鳥 うそが覗く菓子。

うそをかえて、天神様のまことをいただく。

伝統的な銘菓は、いつでも嬉しいものです。

メルヘンチックなお味、チロリアン

d0339705_13260353.jpg


幼い頃から親しんだ味。

『チロリアン』

チロルに住むバコバール族に伝えられた伝統菓子を、近代にアレンジ。

パッケージも変わらず、どことなくメルヘンチックで懐かしい。

可愛い上に、コストパフォーマンスもよく、プチギフトにぴったりです。

濃縮トマトのギフト

d0339705_16202487.jpg


濃縮トマト アメーラ。

夏は、トマトが食卓で一役買ってくれます。

我が家では、湯むきしてそのまま出汁につけて。

d0339705_16202516.jpg


いただいたり。

もちろん、そのままも美味。

夏のギフトに、ぎっしりアメーラ。